歯周病治療

歯茎が腫れる、歯茎から出血。歯がぐらぐら

歯周病とは

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯茎のすきま(歯周ポケット)に歯周病菌やカンジダなどの菌が住み着き、それらの毒素によって歯茎が赤くなったり腫れたりします。
そして進行すると歯を支えている土台である骨が溶け、歯がぐらぐらと動くようになり、最後には抜歯をしなくてはいけなくなってしまいます。
歯が抜けてしまう一番の原因が実は歯周病です。

歯周病セルフチェック

思いあたる症状はありませんか?
☑ 歯磨きするとよく出血する
☑ 歯茎から膿が出ることがある
☑ 口の中が血の味がすることがある
☑ 歯茎が赤くはれている
☑ 口の中がねばねばする
☑ 疲れると歯茎の腫れや歯の痛みがある
☑ 噛んだ時に痛みがある
☑ 歯がぐらぐらする
☑ 歯のしみる感じがある
☑ 口臭が気になる

高砂歯科での歯周病治療 歯周内科治療

歯周病は細菌による感染症です。  健康なお口の環境を取り戻すためには、歯周病の原因菌を特定し、それに合った治療方法で改善に努めることが重要です。  高砂歯科ではお口の中の菌の状態を顕微鏡を用いて確認し、その菌の状態に合わせて治療を行っていく歯周内科治療を取り入れています。

歯周内科位相差顕微鏡システム

歯周内科治療では位相差顕微鏡を用いて原因菌を調べることから始まります。歯周病の状態や原因菌の種類によって治療内容も変わってきます。

顕微鏡と薬による治療の効果

菌の状態を顕微鏡で確認しそれぞれのお口の状態にあった治療を行うことができるため、従来の歯周治療よりもより早く効果的に歯周病を改善することができます。

PAGE TOP