入れ歯

入歯について

入れ歯は、歯を失ってしまった方が再び噛めるようになるために必要なものです。しかし、作った入れ歯が合わず、痛みを感じたり、違和感が強くて使えないとなると全く意味がありません。 高砂歯科では、患者様の希望やお口の中の状態に合わせて入れ歯の設計を行っております。 保険内では設計が制限される場合がありますが、自由診療の入れ歯では細かな設計が可能となります。
自由診療の入れ歯は、保険の範囲では使えない材料や設計によって、より負担なく機能的な入れ歯を作ることが出来たり、入れ歯をしていることがわからないほど自然な見た目に仕上げることが可能です。
入れ歯の調整可能な部分

入れ歯は、歯茎に接する「床」、失った歯の代わりになる「人工歯」、部分入れ歯の「クラスプ(バネ)」で出来ています。
この部分を患者様のご要望に合わせて調整することによって、より快適に使える入れ歯を作ることができます。

入れ歯の歯茎の部分の素材を、患者様のお口にあった色調でお選びできます。
審美性にすぐれた、見た目の良い違和感のない歯茎の部分を作ることが可能です。
・見えない内側の部分を熱の伝わりやすい金属に変えることが可能です。軽量化され丈夫にもなります。
・フィット感をさらに出したいときや柔らかい素材で作りたいときは、生体用シリコンで加工できます。

人工歯
入れ歯の歯の素材や色調をお選びできます。
・保険内でもプラスチックの歯で色調が選べます。
・レジンより審美性が高く硬い素材のセラミックも使えます。

スクラプ(バネ)
部分入れ歯の場合入れ歯を支えるために残っている歯に金属のバネをかけます。
見えにくい位置にバネを置くように設計できます。
・歯に近い色でバネを作ることができます。
・バネをなくして審美性を良くし安定感を出すことも可能です。
シリコンデンチャー
歯ぐきと接する部分である「床」はプラスチックでできています。ここが噛むときにあたって痛い、という場合、床に生体用シリコンで覆う事によって、シリコンがクッションの役割になり、痛みを感じることなく噛むことができます。
金属床義歯
プラスチックでできた「床」は強度を保つために厚みがあり、熱も通りにくいのですが、金属の「床」を使うことによって強度を保ちつつ厚みをなくし、違和感を少なくできます。さらに、金属は熱を通しやすいので食べ物の温度を感じやすく、おいしくご飯が食べられます。
ノンクラスプデンチャー
部分入れ歯には、入れ歯を固定するための金属の「クラスプ(バネ)」があります。このバネは入れ歯を固定するために必要なものですが、金属だと審美的にあまり良くはありません。ノンクラスプデンチャーは金属のバネをなくし、歯茎になじむ素材で安定させることができ、見た目も自然な仕上がりにすることができます。
セラミックデンチャー
保険の入れ歯の人工歯はプラスチックでできています。プラスチックの歯はもともとの色みや透明感が天然の歯に比べて劣るので、見た目にこだわる方にはあまりお勧めできません。また、長年使っていると変色することもあります。人口歯をセラミックに変えることによって、天然の歯のような見た目に仕上がり、変色することもありません。
PAGE TOP