セラミック

セラミック診療

セラミック治療の仕上がりは、審美性が高く、見た目は天然の歯と全く変わらないのが特徴です。

セラミックとハイブリッドセラミックの比較

ハイブリッドセラミックとは、レジンプラスチックとセラミックを融合した白い被せ物で、セラミックのような透明感はないものの、割れにくいのが特徴です。
セラミックの場合、色が付きにくい、プラークや汚れも付きにくいため、審美性が高いのが特徴ですが、硬すぎるために、歯の位置やかみ合わせによっては、天然の歯を痛めたり、ハイブリットセラミックと比べて割れやすいというデメリットがあります。
ハイブリッドセラミクックは、弾性があるため、硬さは天然の歯とほぼ変わらないため、セラミックよりも割れにくいのが特徴です。

銀歯とセラミックの違い

従来の銀歯と呼ばれる、歯科用金属には、時が経過すると、錆びたりするリスクがあり、それが人体に溶け出すと、金属アレルギーの問題が指摘されているため、昨今、メタルフリー治療として、セラミックの被せ物が注目されております。
特に、歯科用金属に含まれる、パラジウム合金をはじめ、人体に有害な金属が含まれているため、気になる方はお気軽にご相談ください。

銀歯で金属アレルギーになるケースも!

金属が溶けだして、歯茎が黒くなったケース。通称、メタルタトゥとも呼ばれておりますが、原因は表面はセラミックでも内側に金属が使用されていた為。

年数が経ち、金属が錆て黒ずんできて、細菌が蛋白質を腐敗し、これが口臭の原因になったケース。

日本の銀歯での治療の問題点

日本の保険診療で利用されている歯科用金属、金、銀、パラジウム合金、銅、亜鉛などで構成されている合金で、詰め物に使用されているアマルガムの50%は水銀が含まれております。
国内のほとんどの歯科医院は、保険診療にて、この重金属等を使った治療を行っております。
これが、歯磨き粉で研磨されたり、腐食して体内に溶け出します。これが問題となり、世界では、アマルガムを利用した歯科治療は禁止されているのが実情です。

PAGE TOP